FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト

no title

お姉さんとトキコさんと僕と

膣を超えて子宮の穴まで見える画像
日本では内臓でも禁止か?
陰唇の内側は禁止
なのだろう、という危険なだろう。


おいしゃさん





母の肌はすべすべしている。
中もピンクだ。
夕子はすこし黒い。
お姉さんは綺麗ぽかった、実わよく覚えていない。

放課後一目散に帰ろうとしたらお姉さんに
呼び止められた、綺麗なお姉さんも一緒だ

お姉さん、学校終わったの?
僕、うん終わった。
お姉さん、家に行こうよ、ご馳走する。
僕、 にこっとして、うん
実は親父かえっているかも、そんな気がしたので、幸いだった。

三人で連れ立って歩く。

鍵を開けながら、今日はだれも居ないから気兼ねなく。

お姉さんの親は二人とも出かけているらしい。

ソファーにつくなり、いきなりお姉さんが聖一くん
ずつわね、三人でHしょうよ。

僕、え~三人で!
お姉さん、そ、教えてあげる。
僕、三人ってあのお姉さんもなの?
お姉さん、そ、いまトイレで準備しているから!

僕、何の事かわからず、トイレって?

お姉さん、子供できないようにしているの。
僕、半分なっとく。
どんなことするのだろう。
不安な一瞬であった。

一人でソファ~で待っていると。
お姉さん、準備できたよ、部屋に行こう。

筆卸の部屋である。
思い出の部屋。

ベットに目をやるとさっきの女性が座ってレースのようなものに身を包み
待っていた。
お姉さん、トキコさんよ!
僕、声もでない。
お姉さん、そんなに前儀はいらないからそっと入れるのよ。
僕は、どぎまぎしながら、上着を脱いで横に座った。
お姉さんが、きちんと上着をたたんで掛けてくれた
そしてやさしく、ズボンを脱がして、それも掛けてくれた。

お姉さんがトキコ遠慮はいらないよ、先におやり。
トキコさん、にっこり笑って、僕の唇を吸い始めた。
舌が強く引っぱられた

僕、ぁなんか違う。
あっという間に僕が押し倒された。
股間を足で開かれ。僕のオチンチンを足でもみあげた。

僕、ぁ おもわず声が出た。
上にのられ、いつの間にか、僕の亀頭ははみ出ていた。
なにもしなくても自然とパンツが脱げて行った。
僕の股間はびんびんにそそり立っていた。

トキコさん、ぁ~久しぶりだわこんな良いもの。
お姉さん、でしょ~私が童貞を抜いてあげたんだ物。
トキコ 私は二人目なの?
お姉さん、たぶん違うよ。
トキコさん、聖一君??そう読んでいいの?
僕、ぁ、はい。
聖一君、私は二人目?
僕、ぁ、いえ、彼女とも!
トキコさん、そった遅かったか
ま、一番でなければ何番でも一緒だからいいや。
そういうと、僕の上にまたがりお尻を僕の顔に
シックスナインだ。
は~っと言いながら、僕の長い逸物をずるずるっと飲み込んだ。
ぁ~感じる。
チンポの先が違うものに当たっている。
間から覗くと、奥まですっぽり飲みこまさって居る。
思わずおなかに力が入った。

ちょろりっと何か持っていかれた。
どろっと出たようなきがする。

トキコさん、口から僕のちんちんをだして舌で見せてくれた
僕、ぁ~今なんかどろっとでた。
トキコさん、これよって舌をみせた。

初めての経験だ、精子はいままでドピュンと出た。
いまのは、どろどろってでた。
精子と同じよ。
精液ね!

トキコさんはテクニシャンだった。
お姉さんが素っ裸で入ってきて、お待たせ。

お姉さん、さんPというのよ。
そういうと寝ている僕の口の上にまたがり立ちひざで聖一君ここなめて♪
僕は首を上げて、お姉さんのオマンコをなめ始めた。
後ろではトキコさんが僕のオチンチンにまたがりいれ始めた

なめながらオチンチンの具合が解った。
するするって生ぬるい感触で、きついところを抜けて、するりと入った感じした。
オチンチンはそのままでいい、僕はなめるほうに集中した。
二人とも声を出し始めた。
なんか二重奏だ、あん、あぁあん あああああ~~ん

見えない僕のオチンチンはトキコさんが上下運動、している、音が響く(ピタンぴたん)そのたびに
うふん、うふんといっている。
僕は、両手をフルに使い右で膣の中に、左でクリトリス。
お姉さんのほうが、原のそこから、(うじゅあ~)とか声がする。

トキコさんは疲れたのか、上下から奥まで入れて横に振り出した
僕のちんちんが左右に振られる、根元が痛い。
僕、ちょっとまって、横は痛い。

トキコさん、入れたままこっち向きにぐるりと回った。
僕、ぁぁいたい
トキコさん、ヘリコプター、そういうとまた向こうまで回った。
お姉さん、よく絶えたわね。女性のヘリコプターは優しいけど
男性のヘリコプターはきついわよ。
でもこの次ね。
そういうと今度は入れ替わり。
トキコさんがオマンコを開いてくれた。
僕は寝たままで、トキコさんのおまんこをなめた。
ぁ^お姉さんとはまた違う、すこし膣がへこんでいる感じ。
大陰唇の肉は厚い。
みんな違うんだ!

聖一君クリ舐めて、そういうとクリトリスの皮を自分でむいた。
クリトリス小さいくて白い、僕はそ~っと舌の平で舐めた。
トキコさん、声と同時に、ぁ~と短い声を出した。」するっと入るので中指と
人差し指を膣の中にいれて、ピストン運動。
トキコさん、たまらず、ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ってそのたびに声を出した。

お姉さんは僕のオチンチンにまたがりするっと入れてそのまま動かない。
なんか足をきっちり閉めて、しめつけている。
微妙な体にヒクヒクが感じられるけど。
見えている、トキコさんのオマンコに気が行く。

そんなこんながいつまでつづいたのか?

お姉さんが下になり、トキコさんがおなかの上にしゃがみ
二人でキスをした。
そしてお尻とオマンコをこちらに向け。
二人にいれてってお姉さんが。

僕、え~どうやって???

お姉さん、まず私にいれれるだけいれて押してそして抜いてトキコさんに入れてまた抜いて
私に入れて、それを繰り返すの。

僕、は~~~そんなことできるんだ。

ピンクの水玉

お姉さん、最初はゆっくり。
落ち着いて。

僕、うん

お姉さんにとりあえず入れた。奥まで入った、ぬいたらだらんとだらしなかった。
手でもってトキコさんもバックに
トキコさん、ぁ~ん

そしてお姉さん、お姉さんもぁ~ん
トキコさん ぁ~

なんか位置が解ってきた、連続で2回付いてだして、うえに2回ついてだして
それの繰り返しで、ふたりとも、おおきな超えてぁ~~~ん。

たぶん外まで聞こえただろう。
いつの間にかふたりともぐったり抱き合っている。


僕、ねぇ~精子出したいけど。
すぐトキコさんが僕を引き寄せて導いた。
思いっきり付いてだして、中でも大丈夫よ。
お姉さん、にっこりしていた。

僕、よっしいくよ~

シコシコ。シコシコ、30回ぐらい付いて
横にした、そして入れたままバックに、シコシコ、シコシコバックのまま
両足をつぼめた。
犬のように上からあそこを押し込んだ。
それみて
お姉さん、ぁら上手よ。

トキコさん、たまらずぁ~~~ん。
大きな声を出したお姉さんが
クリトリスをつまんだようだ。
膣がヒクヒクしている。
僕のおちんちんが引き込まれる。
どぴゅん、どくどく、どくどく。
僕もいった、トキコさんの膣のなかではてた。
なんかものすごくつかれて、そのまま押し倒した。

姉さんが、おねでと!
僕横向きだ息も耐えだねに、は~ぁ

トキコさんは、ぐったりしている、僕のオチンチンをきちんと吸い取るように

精子を舐めている。
そして自分のおまんこも綺麗にティッシュでふき取っている。

間があつて、お風呂に行こう。
三人でお風呂に、ボデイソープ、いすにすわり両手から綺麗に、そしてあそこに
そしたら、また勃起した。
トキコさん、にこり。
お姉さん、今度は私が。
そのまま後ろに座りながら、僕のオチンチンをお姉さんのオマンコに引き込んだするりと入った。
入ったとたん、お姉さんがぁ~~
角度にあわせてしこしこしこしこ、今度は50回はしこしこした。
あんなに出したのにまた出た、どろどろ。
お姉さん、ぁでた。
引きぬくと、どろどろだった。
オチンチンがまたどろどろだ。

トキコさん、さすがね、中学生はできるわ~
今度ヘリコプターもさせてあげる。

今度の約束までした。
当時まだ携帯はなかった、昭和の話である。

つづく。

画像を交えていつものように。

オチンチンをびんびんに立てて読むべし。
オマンコの外まで濡らして読むべし。
今のところ宣伝はつけていない。
安心して読むべし。



68歳と書いたが外人のおばあさんだから心してみるべし。
68歳壊れたおまんこ


母の胸でぐっすり眠って朝が来た。
絡まるような形でそばに母も居た。
あのときのままだ。
そ~っと離れて、また覗いてみた。
そこらじゅうに、しみがあった。
おかあさんのおまんこ、そっとさわった。
ぐっすり寝ている。

僕、いれてみたい。
寝ているママに入れてみたい。
そーっと足の中に。
殷賑を開くように亀頭でこすって開いた、すこし亀頭が大陰唇の中に隠れた。
斜め下に向かってそっと、めりめりって感じで押した。
母、鼻声で(ぅぅ~^ん
構わず亀頭が入るまで押した。
母、(ぁ~ぁ~ん)
目が覚めて、聖ちゃんしたいの?
僕、もうはいっちゃった。
母、腰をそのままつきたてて、押して、押して。

母、今日はパパかえるはずよ、その前にしっかり出しちゃって。
僕、そっか父さん帰ってくるのか!
母、しばらくは近寄らないでね。
ばれたら大変なんだから。
部屋から出ないのが一番よ。

僕、根元まで入れて、そっと抜く直前まで引いてまた奥まで入れた。
角度が上に行ったり、下にいったりしている。
おまんこの中って広いんだ~
オチンチン全体で感じる、母の膣の中飛騨飛騨。

母、ぁ~いいわ~ ぁ~^^いいわよ~

聖ちゃんだと何回でも出来るのね。


母が一人でいった、膣がヒクヒクってけいれんしているようだ。
それにあわせるように

僕の精子が、びゅ~~んとはじけた。

朝はまぶしい、僕のオチンチンはぬるぬるだった。
お母さんは開いた膣の中が精子でいっぱいだ。
思い切ってなめてみた。

僕の精子とお母さんのおまんこ汁がごちゃごちゃに混ざった
白い液体。
前のように甘くはない。
それを見て母がその唇にキスをした。
聖ちゃんの精子美味しいよ。

さ~今日からあそぶぞ~

夕子や隣のお姉さんが待っている。

つづく。

母の絶頂で初めてイク

オープン




ただいま~

お母さん、聖ちゃんおかえり。
お風呂はいる、ずいぶん遅かったね。
中学生なんだから、近所の人に不良扱いされるよ。

僕、は~い。

お風呂場にいくと、ちゃんとお湯張っていた。
湯船につかると、母が入ってきた。

僕、ぁ!
母、一緒にはいろうね!
そういいながらいきなり入ってきた。
湯船につかると即座に、僕のオチンチンをさわりはじめた。
即座に勃起した、2回もしたのに、勃起した
僕をふちに座らせ、母が口にくわえた、亀頭部が隠れる、なんかオマンコとは
違う感触が電撃のように走った。
母の歯がするすると亀頭のふちをすり抜ける気がした、
僕は思わず、ぁ~

母、きもちいいかい、くわえたまましゃべった。
僕、うんきもちいい。

今度は洗い場にマットを敷いてお母さんが横たわった。
足の中にはいり、ボデイソープであそこを洗った。
柔らかいお母さんの(お・ま・ん・こ)
泡で包み込むように洗った、洗っているのに、生声でえへ・ぐふだどの声を出している。
自然と指が入っていった。

お母さん、小声でぁぁぁ
だめよ!ベットでしましょ!
シャワーで洗い流して、改めて母を見た。

おっぱいも大きい、腰も小さい。
お尻も大きい。
お母さん、38歳テレビで言うと熟女なんだ。
肌のつやもいいし、やはりお母さん最高なんだ。


二人で脱衣所にいくと、パジャマがあった。
お母さん、今日から着るんだよ。
僕、うん、大人だもんね。
茶の間で食事。
セックスはお預け。

パジャマの中で僕のオチンチンは棒立ちのままだ。


真下から

もう我慢できない、台所に居るお母さんの元に
即座にお尻からオマンコをなぜた、ぁパンティーはいていない。

きるものの上から解った。
すぐするのだもの、そうだよね。

母、ふふん。

僕、上から手を入れてお尻から、おまんこの穴に手をやった、ぬれている。
するんと指が入った、でもパジャマが邪魔しておくまでは入らない。

お母さん、だめよもう少しがまんしなさい。

僕、指についたお母さんのマン汁をなめてみた、透明でねばっこい。
ちょこっっとにがっぽかった。

普段どおりのおそ~い夕食。
テレビもつまんない。
はやくしたい。

そんなどぎまぎもなんのその。
母が明かりを消して、僕の手を引いて
寝室に。

戸を閉めたとたんに僕はお母さんにしがみついた。
ベットまでそのまま行って、押し倒した。
キスが濃厚になりべちゃべちゃ音がする。
パジャマの下から手を入れて、おっぱいをもさぐる。
ぁった、乳首を指でつまみながら転がした、

母、ちいさくそのたびに ぁ ぁ ぁ
僕はその手を今度は前からおまんこを探した。
最初はクリトリス、中だけど触った感触。

母が、また小さく、ぁ
割れ目がかんじる、指を押すと。大陰唇のなかにうずまった感触
内因核に届いた入道口や膣が並ぶ。

母がうめいた。 ぁ~~~

パジャマを脱がして僕も脱いだ、そそり立つ僕のオチンチン
おかあさんのふくよかな裸体。
もう一組のカップルだ。
親子を超えたカップルだ。

ブロンドガール

指2本がするりと入った。
すかさず前後にうごかす。
お母さん、ぁぁ~いいわ~おじょうず。
僕は親指でクリトリスを捜して、皮をむいて下でなめった

お母さん ぴくんぴくんしている。
いきなり絶頂感だ、さっき風呂場や台所で触ったから、十分にほぐれているのだろう。

僕は即座に僕のオチンチンを母のオマンコのいり口に、亀頭部で割れ目をなぞってみた。
大陰唇が開く、こするたびに開く、母の声がやがて鼻声も混じり始まった。
なんというセックスだ、童貞すててまだ1週間もたたないのに。

僕は僕のオチンチンを指で押さえて、お母さんのオマンコの膣の中に押し込んだ
恥骨に当たった、そっかこれが恥骨だ。
母が鼻声で  ぁぅ~ 
僕、きもちいいかい。
母、そことてもいいわ~

もう一度抜いて、亀頭部を押した、するんと入ってしまった。
母、ぁ~~ん
そう簡単にはいかないものだ。

やがて深くいれて抱きついた、腰で付いてみた。
ぁ、そうか腰で付けばきつく抱いたまま出来るんだ。
長い僕のオチンチンを抜ける寸前まで抜き出し、奥までおしこむ
3回ほどそれを繰り返したら母が


母、急にぎゅ~~っときつく背中を抱きしめた、

僕はさらに繰り返すと、とうとう母が

母、つめをたてた。

絶頂である。
母が云った
急に膣がピクピク、ヒクヒクしている。
僕のオチンチンに纏わり着いてくる。
もう一度押すと僕もはじけた。

母のオマンコの中に、僕の精液がドバ~ドピュンビュウウ~~ってはじけた。

全身で云った。
ぐったりして母に体を預けた。
ははも動けない。
息があらりながら、聖ちゃん一気に上手になったね。
今日、彼女としたの。
僕、息が上がりながら、うん。

母、とても上手よ。

僕、うん。
僕は母の胸の中で甘えた。


つづく。

Appendix

プロフィール

hkoubou69

Author:hkoubou69
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。